行政書士は女性にとって魅力満載の仕事です!

行政書士の仕事が最近注目を浴びていますが、女性でもたっぷりと活躍できて、高い収入や社会的地位を手に入れることができる資格です。女性が行政書士になろうとするときにどんなことに気をつけたらいいのか、それからどうやって仕事をはじめていけばいいのか説明していきましょう。

今では、女性も男性と同じくらいエネルギッシュに働くのは当たり前ですね。
ただし、そのための門戸が広く開かれているとは限りません。そんな風潮ですが、行政書士は今の日本で暮らしているほとんどの女性が目指しやすい資格です。
また、目指す価値がある資格でもあります。

※(この先のページで詳しく説明しますが)行政書士の試験は簡単ではないですが、どんな女性でも受けることができますし、受かるための方法もあります……その方法を正しく実行すれば、行政書士のことなんてまったく知らなかった女性でも、一流の行政書士になれるチャンスが舞い込んできます! 

たとえば? 

  • いったん家庭に入った主婦が、「また社会に復帰したい」「お金をもっと稼ぎたい」と感じることは多いですね。
  • あるいは、OLのような仕事を持っている女性が、「もっとやりがいのある仕事をしたい」「一生続けられる仕事をしたい」と感じることもまた多いでしょう。
  • まだ在学中の女性だったら(こんな不況の時代ですから)自身のキャリアを思い描いたときに、収入や社会的ステイタス等の点で申し分がない仕事をやりたいと思うのが当然でしょう。

行政書士は、こうした世間のさまざまな女性全員に対して、すべての希望を満足させてくれるような素敵な仕事をもたらしてくれる資格です。

それでは、どうすれば行政書士になれるでしょうか? 

行政書士の資格を手に入れるには、

  • 試験に受かる
  • 特定の条件(他の難関資格を持っていることや、特定の職歴を長期間持っていること)を満たすのどちらかに当てはまらないといけません。

ほとんどの女性は、試験合格が第一目標となるでしょう。
この目標を達成するのは男性にとっても楽なことではありません。

このサイトでは、

  • 女性が行政書士を目指すにあたって必要なこと
    (試験に合格するためのアドバイスが中心ですね)
  • 試験に受かってから仕事をはじめて、成功を収めるために必要なこと

を、収録しています。

行政書士になりたくなった女性の方すべてに読んでほしいですね。
早く行政書士の仲間入りをして、後続の女性にチャンスを与えてほしいと思います。

次のページ




>>行政書士の実務をインタビューでご紹介(提供:フォーサイト)