女性特有のライフスタイルの変化に左右されずに働くために、「資格」は重要!

女性が永く社会で活躍する上で、「資格」は重要な要素であり、強力な武器となり得ます。

なぜかと言えば、女性は人生の様々な段階において、たびたび、生き方を柔軟に変える必要が生じるから
具体的には結婚や妊娠、出産、育児、そして介護と、あらゆるライフイベントに女性が主体となって関わる場面はいくつも想定されます。

ひと昔前と比べれば、あらゆる面でだいぶ“男女平等”に近づいてきたと言えますが、かたや「キャリア形成」といった観点においてはまだまだ女性がその道を貫くには難しい時代であると言わざるを得ません。

「資格」があれば、いつでもスタート可能

本サイトを訪れた皆さんの中には、現状、上に挙げたようなライフイベント、例えば育児真っ只中の女性は決して少なくないと思います。
そして、行政書士という「資格」を人生の切り札に活かそうとお考えの方もたくさんいらっしゃるでしょうが、ぜひご自身が信じた道、つまり資格取得の道を迷わずに突き進んでいただきたいと思います。

「思い通りに動けない」「自分の好きなように時間を使えない」等、実際に資格の学習をスタートされている方であればすでに様々な不自由を感じているかもしれませんが、ここで諦めてしまっては前に進めません。
育児中の女性であれば、今は「資格で働く」などと前向きに考えられないかもしれませんが、あと5年、10年すれば確実に状況は変わっていきます
そのタイミングで大きな一歩を踏み出せるよう、今から着々と準備されておくことは大いに意義のあることです。

女性の場合、職業上ブランクを作ってしまうと、その後の社会復帰はなかなか容易ではありません。
しかしながら、資格を取得しておくことで、いつでも専門家としてスタートを切ることができます。
特に行政書士は、女性が独立開業を目指しやすい資格でもあるので、取得しておけば必ず状況を好転させてくれること間違いありません!

次のページ




>>行政書士の実務をインタビューでご紹介(提供:フォーサイト)