多様性?専門性?どうやって仕事を取っていけばいいか

行政書士として生き残っていくために、どうやって仕事を取って行くか


開業して、特に最初は次の2つで大きく悩むのではないでしょうか。

幅広く多種の仕事を取るべきか、
専門を絞って仕事を取るべきか。

結論から言うと、成功している行政書士事務所は専門性の高い事務所が多いようです。
そうであるならば、専門を絞って仕事を取るべき、という答えになりそうですが、ではどうやって専門を絞れば良いのでしょうか。

最初から「これを専門にする」と決められる人は少ないと思います。
行政書士の仕事の経験がなければ当然のことです。
だから最初はあれこれ選ばず、来た仕事は何でもやってみるべきです。
その中から、「これをやりたい!」と思えるものを選んで、専門にして行けば良いのです。

なぜ最終的に専門を絞るかというと、多種類の仕事を扱うということは、広く浅くになってしまいがちで、業種ごとのスキルがなかなか上がって行かないためです。
スキルが上がらないと、1件の仕事を終えるのに時間が掛かります。
わからないことが多いので、役所に問い合わせたり、追加の書類を作ったり、時間が掛かります。
時間が掛ったからといって、その分報酬が増えるわけではないので、そのうち経営が苦しくなってきます。

それに比べて、専門を絞れば、その業種に関してスキルがどんどん上がってきます。多少難しい案件が来ても、それまでの経験でカバーできるなど、働く時間と報酬のバランスを取りやすくなります。

また、専門性を高めていくと「この仕事ならあの事務所に頼むと良い」と、お客さんがお客さんを紹介してくれるようになるし、同業者からも紹介を受けやすくなります。
同じ行政書士事務所でも、自分のところで扱わない仕事は別の事務所に紹介することが多いのですが、そんなときは「なんでも扱っている事務所」よりも「専門事務所」を選びます。
その方が紹介されたお客さんのためにもなるからです。


専門特化するデメリットにも注意


ただし、専門を絞るということはその他の仕事の機会を逃すというリスクもあります。
そのリスクに対応するため、専門にその周辺業務を加えておくことをお勧めします。
たとえば、会社設立を専門にするのであれば、設立したあとの会計記帳を代行するなどです。
逆に、飲食店の許可を専門にして、お店が軌道に乗ったら法人化できるように会社設立も専門にする、というようなことも考えられます。

一つの専門がつまずいたら、一気に経営が危なくならないように、専門の周辺業務でも収入を得られるようにしておけば安心ですね。

いずれ専門を絞ることを頭において、開業当初はとにかくがむしゃらに色んな業務をやってみましょう。
来るものは拒まず、くらいの考え方で良いと思います。

次のページ




>>行政書士の実務をインタビューでご紹介(提供:フォーサイト)