行政書士にズバリ向いている女性とは?

行政書士は女性でも男性と伍してやっている仕事であることは間違いありません。
とはいえ、どんな女性にも向いているわけではないですね。
行政書士に受かったとして、それ以後自分がやっていけそうかどうか、女性の皆さんは勉強を決意する前に、これから書くようなことを自分に照らし合わせてよく考えてみてください。

行政書士に向いている女性とは、おそらく

  • コミュニケーション能力に優れている
  • 顧客の求めていることを的確に実現できる

ことです(もっともこれは、男性の場合でも同じですが。つまり、行政書士は男女差が結局は少ない仕事なのです)。

「行政書士になりたくなってきたかな……」という女性に、よく知っておいてほしいこととしては、どんな働き方をする場合でも、いったん仕事を引き受けたからには「プロフェッショナルとして仕事をやり遂げる」必要があることでしょう。

これは社会経験が豊富な女性だったらよくわかっているでしょうが、まだ若かったり、家庭に入っていた時期が長かったりした女性には、どうも実感がわかないことかもしれません。
特に家庭がある場合は、家庭を優先しすぎて仕事を中途半端にこなすようなことをしてしまうと、信頼を失う結果になります。

もうひとつあるとするなら、それは観察力や探究心を持ち続けることでしょう。
ただいわれたことやルーティンワークを事務的に繰り返すだけの女性行政書士では、いずれ行き詰まります。
社会がどう変わっているのか、それから顧客がどんな人たちなのかをよく観察することは大事です。

行政書士の顧客の多くは中小企業の経営者や関係者です
(個人での依頼、たとえば契約書や内容署名の依頼も多いですが)。

このことは、男性なら行政書士にならなくてもわりとよく知っているものですが、女性の場合は町中の小さな会社の経営がどんなものなのか、あまりピンと来ていないケースが多々あります。

深い信頼を受けるためにも、継続したおつきあいをさせていただくためにも、どんなことを経営者たちは考えているのか(特に、大企業ではなくて、経営に決してゆとりがあるわけではない中小企業ですね)、深いコミュニケーションを繰り返し、また観察を繰り返して学び取っていく姿勢をいつまでも持ち続けることが大事でしょう。

次のページ




>>行政書士の実務をインタビューでご紹介(提供:フォーサイト)