行政書士に受かる女性は過去問を大活用しています!

行政書士になりたくなった女性は、行政手続のことなんてろくに知らなくて当たり前です。
しかし、現役の女性行政書士も大部分は最初そうでした。そこから見事に合格するまでの間、効率のいい勉強をしてきた人たちは少なくありません……無駄のない勉強法に必要なものとはいったい何でしょうか?
それは行政書士の過去問です! 

行政書士の試験では過去問をどれくらい上手に使うかで、合格不合格が分かれてしまいます

他のページでも書いているように、行政書士の試験では問題の出し方がパターン化されています。これは、ただ「出題形式が毎年同じ」というだけではありません。
実は、問題にとりあげられる部分が毎年かなり共通しているのです。

行政書士の試験の難易度・合格率は毎年少しずつしか変わりませんが、 これはよく前年までの試験問題を研究している受験者が受かりやすくなっているからでもあります。
何も知らない女性が一度きりの受験で合格するには、過去の試験問題、通称「過去問」をよく研究することが第一なのです。

行政書士の試験では、過去問をよく研究することを優先しましょう。

1 行政書士の過去問は、解説が豊富についているものを選んで使いましょう

行政書士の試験問題は、選択式が大半を占めますから、正解の選択肢に対する解説があるだけではなくて、正しくない選択肢に対する解説もついているような親切な種類が望ましいですね。

2 過去問をやっていくと、試験によく出る範囲とそうでない範囲の違いを知ることができます

試験に出にくい範囲はまったくスルーしていいという意味ではないですが、試験に出てこなかった範囲が急に出題されても解ける受験者はめったにいません。
ここで大事なことは、誰もが解けそうな頻出範囲の問題を、絶対に解けるようにしておくことです。

3 参考書と過去問は、うまく往復するようにしてください

教科書や六法は、最初のうちは読みにくいこともあるわけですね。そんなときに過去問を使うと参考書が読みやすくなることがあります。

たとえば、過去問をやっている最中にわからない問題が出てきたら、そのときに該当する部分を教科書で探してもいいでしょう。
さすがに全部それではいけませんが、勉強のコツがつかめないときは、そんな裏の手を使っても悪いことではありません。

4 過去問のやり込みは、本番の行政書士試験問題を解く予行練習になります

過去問を続けていると、自然に本番の試験でも手際よく問題を解いていくスキルが育ちます。

行政書士試験では、考える時間はどの問題についてもほんの数分しか与えられません。
問題文を読み返して考えるような余裕はありません。
ここでも過去問が役立ちますね。
過去問をやって、次に予想問題集をやっていくと、合格に向けてかなり前進することができます。

次のページ




>>行政書士の実務をインタビューでご紹介(提供:フォーサイト)